Archive for the Category »うつ病を解消する知恵 «

うつ病症状に合せて接し方を考えないといけません

うつ病症状に合せて、接し方を考えないといけません。

「うつ病」という考え方で当事者の気持ちを理解するうえで大切なポイントは、心が弱いから死にたい気持ちが出ているわけではないこと、意思の力で死にたい気持ちをコントロールすることはできないこと、うつ病症状の二つです。

ところが、この説明ではなかなか当事者の気持ちを理解して、うつ病接し方をしていただけない場合があります。

身内がうつ病で死んでしまった、あるいは長引いたという経験を持つ人などは、そもそも「うつ病」という捉え方に、抵抗のある人も多いのです。

精神疾患を十把一絡げに考えてしまう風土も残っています。

うつ病を克服した治した成功事例を参考にできます。

Category: うつ病を解消する知恵  Comments off

うつ病患者への接し方と正しい対応

まず大切なのは、医療機関を受診させること。うつ病は死に関わる病気なので、放っておいてはいけません。ただし、安易な気持ちで関わることは避けてください。

診察の際は友人が同行することもできますが、治療に関わるのは家族が原則です。友人の異常に気づいたのであれば、本人に受診をすすめ、現在の状態を家族に話すように説得してみます。

場合によっては、本人の家族に直接連絡をとることも必要でしょう。本人が家族とうまくいっていない場合にできることは、受診をすすめることです。

下園壮太の【うつ病改善プログラム】

うつ病の治療中は、話を聞くなど、支えになることはできますが、あまり深入りせず、うまく距離を保って接していくのが理想です。うつ病になると人と会うのが苦痛になることもあるので、無理に会おうとしないほうがいいでしょう。

治療がうまくすすみ学校や職場に復帰するとき、友人たちが以前と変わらない態度で接することは、大きな支えになります。

Category: うつ病を解消する知恵  Comments off