腰痛改善ストレッチは一般に競技練習や試合の前後に行われます

腰痛改善ストレッチは一般に競技練習や試合の前後に行われます。

練習前、試合前のウォームアップとして行うストレッチングは主に「①柔軟性向上の急性効果」、および競技で使う筋肉を良い状態にスタンバイしておく「③コンディショニング効果」を得ることが目的です。

また、継続的に行うことで「②柔軟性向上の長期的なトレーニング効果」を得ることにもつながります。

福辻式腰痛改善ストレッチ

練習後、試合後のクールダウンとしての腰痛改善ストレッチの主な目的は、『③筋肉をほくすコンディショニング効果」にあります。これもまた、継続的に行うことで『②柔軟性向上の長期効果」につながります。

むしろ柔軟性向上のトレーニングを主目的(②柔軟性向上の長期効果)として、腰痛改善ストレッチを練習後に強めの強度で念入りに行う場合もあります。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.